プジョーのジャックナイフキー修理

千葉県の車屋さんより

プジョーの車のカギがボロボロなので

安く修理できないかとご依頼がありました。

3081

納車前にこのような状態だったらしく

プジョーディーラーでカギを作り直すと高額になる為

安く何か方法はないかと調べてたら当店に辿り着いたそうです。

キーを見させて頂くと

画像で見るよりも酷い状態でした。。。

ケースが割れブレードがグラグラで・・・

テープで留めてないとバラバラになってしまいます。

それでもエンジンの始動でキーレスリモコンの動作は

問題なく機能してましたので

キーケースの交換で対応出来ました。

こんな感じです!!

3082

いかがでしょうか!?

中身の基盤の移植とブレードもキーカットし直して

元通りなキーに修理出来ました。

プジョーの車すべてに対応出来るわけではありませんが

2ボタンタイプ及び3ボタンタイプは

このように修理出来ますのでお気軽にお問い合わせください。

あっ!シトロエンも大丈夫ですよ!

ちなみに今回キーを修理したのはこの車

3085

3084

プジョー・308でした。

このようなキーのことをなんて呼びますか?

私はジャックナイフキーと呼びますが

バタフライキーで呼ぶ人も居ますよね?

どちらでも通じるからいっか!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です